リゾート感を演出するアジアン家具の魅力

家具は室内の中でも大きなスペースをとり、存在感のあるものになります。 この家具が一つ大きく変わるだけで、 部屋の印象もガラリと変わることもあります。 家具の中でもアジアン家具は、 タイやベドナムなどの東南アジアや中国などのアジア圏の地域で作られた家具のことを指します。 アジアン家具の代表的な素材は、竹や籐になります。 北欧家具は細かなところまで作りこまれているという特徴があります。 一方でアジアン家具は、じっくり作りこむというよりはむしろ 一つ一つの素材の持ち味を存分に活かして作られていることが特徴といえます。 作りこみすぎないので、素材からも自然の香りが漂ってきます。 このことはリラクゼーションの効果への期待にもつながっていますし、 素材の手触り感からも、リゾート感をもたらします。 アジアン家具の一つにダイニングチェアがあります。 アジアンテイストのダイニングチェアも一つ置くことで部屋の雰囲気を 大きくリゾート感あふれるように演出します。 背もたれの部分のみもしくはひじ掛けの部分まで籐であったり、 部分ごとに素材が異なることも、インテリアとしても視覚的に非常に魅力的です。 また、北欧家具と比較すると、価格がお手頃のものが多いことも、手に入れやすいという利点になります。