造形美豊かなおしゃれ家具、バースツールをお部屋のポイントに

おしゃれな隠れ家バーのようなくつろぎあふれる空間が自宅にもあったら。そんな願いを気軽に叶えてくれるのが今注目のインテリア家具、バースツール。例えば自宅にバーカウンターがなくても、お部屋のアクセントとして一脚だけプラスしても素敵です。 バースツールのいちばんの特徴は、通常のイスやスツールより高さがあるということ。だからこそ一脚だけ、お部屋にポツンと置いてもすらりと絵になるのです。さらにデザインが豊富なのもバースツールのうれしいポイント。木製の素朴でナチュアルなデザインからヴィンテージ感覚あふれるユニークなデザイン、さらにスタイリッシュで近未来的なものまで、その造形美の豊かさは思わず見とれてしまうほど。いろいろなデザインを見ているだけでも憧れのインテリアのイメージが広がります。 たとえば、お部屋の模様替えや新居のインテリアのキーアイテムとして選りすぐりの一脚を飾るように置いてみたり、もちろんバーカウンターがあるお宅なら何脚か揃えて家族や仲間たちとおしゃれなバー感覚で語り合ったり。また、お気に入りのバースツールをキッチンに置いてお料理しながらちょっと腰かけるだけでも、おしゃれな気分が楽しめそうです。
http://corigge-market.com/?pid=30120731
人気の石井準一動画http://www.nicovideo.jp/tag/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E6%BA%96%E4%B8%80

快適な暮らしを演出させてくれるコーナーソファの魅力とは?

コーナーソファは、大変機能的かつくつろぎの空間となるとてもオススメの家具です。リビングにはソファーを置くという方、多くいらっしゃると思います。家族構成や部屋の広さによってニーズは様々になると思いますが、オススメしたいのがコーナーソファです。これは、部屋の隅のスペースを余すことなく効率的に使うことができ、またL字型の形状によって、部屋を広く使うことができます。また、横長のソファにくらべ、2人でも広々と足を伸ばして横になることができ、リビングでの快適生活を提供してくれます。何よりも、部屋の広さを余すことなく使えるというのがオススメのポイント。たいてい、家の四隅というのは空間となって、ホコリやゴミなどが溜まりがちなもの。そんな無駄になってしまっているスペースを無駄なく使うことができ、またゴミなどがたまるという心配も解消できます。肘掛付きや、別売りで足だけを乗せる小さなソファが売られていたりと、使い方によって様々な選び方ができるコーナーソファ。これからソファの購入を考えている方にはぜひ候補の一つとして見てほしい一点だと思います。きっと、より快適なくつろぎの時間を過ごすことができるようになるはずですよ。
http://corigge-market.com/?mode=cate&cbid=1949318&csid=4

リゾート感を演出するアジアン家具の魅力

家具は室内の中でも大きなスペースをとり、存在感のあるものになります。 この家具が一つ大きく変わるだけで、 部屋の印象もガラリと変わることもあります。 家具の中でもアジアン家具は、 タイやベドナムなどの東南アジアや中国などのアジア圏の地域で作られた家具のことを指します。 アジアン家具の代表的な素材は、竹や籐になります。 北欧家具は細かなところまで作りこまれているという特徴があります。 一方でアジアン家具は、じっくり作りこむというよりはむしろ 一つ一つの素材の持ち味を存分に活かして作られていることが特徴といえます。 作りこみすぎないので、素材からも自然の香りが漂ってきます。 このことはリラクゼーションの効果への期待にもつながっていますし、 素材の手触り感からも、リゾート感をもたらします。 アジアン家具の一つにダイニングチェアがあります。 アジアンテイストのダイニングチェアも一つ置くことで部屋の雰囲気を 大きくリゾート感あふれるように演出します。 背もたれの部分のみもしくはひじ掛けの部分まで籐であったり、 部分ごとに素材が異なることも、インテリアとしても視覚的に非常に魅力的です。 また、北欧家具と比較すると、価格がお手頃のものが多いことも、手に入れやすいという利点になります。

私が選んだダイニングテーブル

私がこだわった家具のひとつにダイニングテーブルがあります。 特に高いものをというわけではないですが、やはりダイニングテーブルはリビングの中でも大きく家具であり毎日家族が顔を合わせて食事をする大切な場所だからです。 まずシンプルな白い部屋にしたかったので、白いテーブルを、そして光沢があるものより優しい味わいのある木のテーブルを探しました。なかなか思い描いたテーブルがなく、何件もお店を回って、主人と気にいるテーブルを探しました。結果、選んだテーブルは正解で、子供が生まれ生活が変わった現在も部屋を自然な雰囲気にしてくれます。 また、普段は家族だけですがお友達などがきてくれたときに、少し伸ばして大人数が座れるような工夫がこらしてあるものを選んだので、じぃじばぁばなど皆んなで食事をすることもできます。 ダイニングテーブルは食事をする場所ですが、家族や友達、おじいちゃんおばあちゃんなど、皆んなが囲むことによって楽しいを共有することのできる大切な団欒の場所です。 子供がいる家庭、夫婦で静かに過ごしたい家庭、パーティなど人のよく集まる家庭…それぞれの家庭に合ったダイニングテーブルが見つかるといいですね。